1967年12月25日
冬山合宿
(妙高山〜雨飾山)
6日目
 
 
起床 5:45 火打山頂上 14:30
出発 9:00 高谷池小屋 16:45
 
 
 1日の沈殿で雪は増々深くしかも重い。まるで塹壕を掘りながら進むようなもので、遅々として進まない。1時間たったところで一休み。なんとまだ300mと進んでいない。こんな調子ではどこまでいけるかわかったものではない。
 尾根に出たところから風雪強くなる。結局、深い雪と残りの日程、出発前日「焼山が地鳴りしているから中止しろ」という糸魚川署の警告とから、これ以上は無理と判断。空身で火打をアタックして小屋に戻ることとする。
 頂上直下は、頭も没するほどで、ピッケルで崩し崩しやっと頂上に出る。
 
ページトップへ 12月20日 12月21日 12月22日 12月23日  
  12月24日 12月25日 12月26日 12月27日 1967年の記録