1967年12月22日
冬山合宿
(妙高山〜雨飾山)
3日目
 
 
起床 7:35 長助池 13:15-13:50
出発 10:30 大倉のコル 15:35-15:50
妙高山 10:55-11:05 黒沢小屋 16:40
 
 
 妙高の上は長い尾根状で、北峰(※)と南峰とがある。長助池にはそのコルから下りはじめる。
 途中、河原が10mほど滑る。本人よりも他の者の方がビックリしている。「ダンゴになったアイゼンで氷った雪の上に載ったので滑った。そのうち止まるだろうと待っていたが、止まらないのでピッケルを打ち込んだ」と、本人はしごくノンキなものである。
 大倉のコルへの登りは、沢の中なので、雪がいっそう深く苦しむ。
 今日、風が強く、疲労が激しく黒沢小屋留りとする。小屋の入口は無残にもブチこわされていた。
 
※ この北峰は、現在の北峰ではない。長助池へ下るコルのさらに北にあるピークである。現在は、コルの手前の三角点がある所が北峰とされている。(2021.02.16)
 
ページトップへ 12月20日 12月21日 12月22日 12月23日  
  12月24日 12月25日 12月26日 12月27日 1967年の記録