1967年12月21日
冬山合宿
(妙高山〜雨飾山)
2日目
 
 
起床 4:45 鎖場 14:00-15:00
扇の要出発 7:25 テントサイト 15:40
大谷ヒュッテ 8:20-8:40 就寝 22:15
天狗堂 10:40    
 
 
 雪が少ないため夏道を大谷ヒュッテへと行く。大雪ならとても通れそうもないトラバース道だ。小屋を過ぎるころから豪雪地帯の本領を出し、雪も腰までのラッセルとなる。
 鎖場の手前で古いトレースを頼り過ぎ、高度にして50mほど時間にして1時間ほどの損失となる。戻ったところでワカンをつける。
 鎖場でフィックスして通過すると、雪は増々深くなり、ダブルボッカのことを考えたりする。長助池までの予定はとても無理で、頂上直下100mの所をその日のねぐらとする。この調子だと予想外に時間をくいそうだ。
 
ページトップへ 12月20日 12月21日 12月22日 12月23日  
  12月24日 12月25日 12月26日 12月27日 1967年の記録