非核三原則の堅持を求める決議

 5月31日に政府首脳が行った、「核兵器の保持などを禁ずる非核三原則について見直すこともあり得る」かのような発言や、核兵器を「法理論的には持てる。持ってはいけないとの理屈にはならない」などとの発言は、非核三原則を国是とするわが国首脳にあるまじき発言であります。「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませない」という非核三原則は、人類史上初めて核兵器の使用によって数十万の同胞を失うというヒロシマ・ナガサキの悲劇を体験する中で築かれたものであります。

 いま世界では、期限を切った核兵器廃絶ということが大きな流れとなっています。そのときに、世界で唯一の被爆国である日本政府の首脳が、核兵器を肯定し、憲法上核兵器の保有が可能だとする発言を行ったことは、世界の流れに逆行するものであります。人類にとっていま最も重要かつ緊急の課題は、核兵器を持てるかどうかを検討することではなく、核兵器をいかにしてなくしていくかを考え、いかにして戦争をしない平和な世界を実現するかということであります。

 よって、「非核平和友好都市宣言」を行った上越市の議会として、日本政府に対し非核三原則を堅持するよう強く求めるものです。

 上記決議します。

  平成14年6月17日

上 越 市 議 会