上越民報

2002年5月19日 bQ12

目次
■正副議長など改選 15日上越市議会臨時議会開く

正副議長など改選
15日上越市議会臨時議会開く

 5月15日上越市議会の臨時議会が開かれ、正副議長など新たな議会人事構成が決まりました。
 本来自治法上は、正副議長などの任期は4年ですが、上越市議会では慣例として、中間の2年でいったん辞職し、新たに選出し直すことになっています。

選挙結果
議長 副議長
小林章吾 13 田村恒夫 18
本城文夫 11 小林克美  9
田村恒夫  3 杉本敏宏  2
樋口良子  2 森田貞一  1
無効  1    

議長 小林章吾氏 副議長 田村恒夫氏

 焦点の議長には、小林章吾議員が選ばれ、副議長には田村恒夫議員が選ばれました。選挙の結果は左の表の通りです。
 また、議会選出の監査委員には、小林克美議員が選ばれました。

樋口議員 厚生常任委員会 杉本議員 総務常任委員会

 常任委員会は、市の組織が変わったこともあり、名称・所管の検討もされましたが、従来どおりの名称で4つの常任委員会が設置されました。日本共産党議員団は前期に引き続き、樋口良子議員が厚生常任委員会、杉本敏宏議員は総務常任委員会の所属となりました。
 各常任委員会の構成は別表の通りです。

常任委員会
  総務 厚生 建設企業 文教経済
委員長 早津輝雄 永島義雄 近藤彰治 渡辺明美
副委員長 坪井正澄 岩崎哲夫 渡辺一太郎 牧野島清
  栗田英明 仲田紀夫 森田貞一 佐藤 敏
杉本敏宏 上松和子 水澤弘行 古澤 弘
山岸行則 樋口良子 大島武雄 市村孝一
小林克美 小林章吾 本城文夫 西沢幹郎
小林林一 石平春彦 星野 実 船崎信夫
田村恒夫     市川文一

樋口議員は新産業・新エネルギー対策特別委員会の、杉本議員は市町村合併特別委員会の各副委員長に

 別表のように4つの特別委員会が設置されました。新幹線・交通対策特別委員会が前期に引き続き設置され、市町村合併特別委員会は「合併・拠点都市・地方主権対策特別委員会」が発展的に解消したもので、新産業・新エネルギー対策特別委員会と大学対策特別委員会は新規に設置されました。
 日本共産党議員団は、樋口議員は新産業・新エネルギー対策特別委員会の、杉本議員は市町村合併特別委員会の各副委員長に選任されました。上越市議会でわが党議員が、常任や特別委員会の正副委員長に選ばれたのは10数年ぶりです。

議会改革で各種審議会等委員の就任は辞退

特別委員会
  新幹線・
交通対策
市町村
合併対策
新産業・
新エネルギー
大学対策
委員長 古澤 弘 仲田紀夫 森田貞一 小林林一
副委員長 水澤弘行 杉本敏宏 樋口良子 佐藤 敏
  岩崎哲夫 栗田英明 大島武雄 渡辺明美
田村恒夫 上松和子 坪井正澄 近藤彰治
本城文夫 山岸行則 永島義雄 早津輝雄
星野 実 市村孝一 小林章吾 西沢幹郎
石平春彦 小林克美 渡辺一太郎 牧野島清
  船崎信夫    
  市川文一    

 上越市議会では、一昨年から「活性化委員会」を設けるなど議会改革に取り組んできました。その一つとして、行政が組織する各種審議会等の委員に議員が就任していたのを取りやめることになりました。
 これは、審議会等で審議されたものが、その後議会審議にかかりますので、こうした審議会等に議員が参加していては、十分なチェック機能が果たせないからです。
 同様の理由で、環境衛生公社や港湾協会などの役員への就任も辞退することになりました。
 地方分権が叫ばれる折、行政と議会との関係も明確にする必要があるからです。
 この結果、議会推薦の農業委員として、5人の女性が推薦されました。

目次へ

 上越民報   210〜219の目次へ