上越民報

2001年10月21日 bP93

目次
■五市町村任意合併協議会発足
■上越市長選挙について
■政府交渉をします要望は市委員会へ
■9月議会に提案・審議された全議案と各派の態度

一般市民の参加の道閉ざし
五市町村任意合併協議会発足


 十月十六日、上越市、名立町、三和村、牧村、清里村による任意の合併協議会が発足しました。県内4番目といわれています。
 動きと実態を見てみました。

任意協議会とは?
 任意協議会とは、市町村合併にあたって法律で設置を義務付けられている法定協議会の前段に設けられる協議会をさします。任意協議会で合併に必要な協議をすべて行い、法定協はセレモニーだけというのが実態です。

「住民の意思を尊重」と言いながら、一般市民は参加できません
 どこの議会でも市町村合併の質問に対し行政側は、「住民の意思を尊重します」と答弁します。しかし、法定協はもちろん任意協でも住民の参加は保障されていません。
 今度発足した任意協も、市長、副市長、議長、商工会議所、町内会長代表などで構成されます。杉本敏宏議員は、9月議会の総務常任委員会で、「一般市民も公募で加えるべきだ」と提起しました。
 行政が考えている「住民の意思尊重」というのは、せいぜい「アンケートに答える」程度のことです。

実際は、課長級などの実務者会議で進められます
 実際の作業は、各自治体から派課長級の会議、資料の整理や調整を行う係長級の実務者会議で進められます。
 7回ほど開かれるという協議会には、この実務者会議などで調整された資料が提出され、協議会はそれを承認するだけです。協議会の委員は、実務者会議などに参加することもできません。
 まったくの行政主導でことが進められるのです。

合併に慎重な意見は、はじめから考慮されません

 合併のための意思決定を主な任務とする任意協議会の構成と運営の仕組みは、はじめから合併に慎重な意見の入る余地はなく、合併に向けての輿論(よろん=世論)づくりの場といえます。
 任意協の発足で、合併が一気呵成に進むことが懸念されます。私たちの住む地域をどうしていくのかがまちづくりの原点でもあります。行政のあり方も含めて、みんなで考えて見ましょう。

目次へ


上越市長選挙について

2001年10月13日
日本共産党上越地区委員会

 10月28日投票の上越市長選挙について、日本共産党上越地区委員会は、12日に開いた上越市内の党支部長会議において、次の決定をしました。
1.候補は擁立しない。
 日本共産党上越地区委員会では、今市長選挙にあたり、公認候補の擁立を含む候補の擁立に向けて協議・調整を行ってきました。しかし残念ながら、ふさわしい候補者の擁立に至らず、時間的な要因もあって、候補は擁立しないこととしました。
2.現在立候補を表明しているどの候補も推薦又は支持しない。
 現在3人が立候補の意思表示をしていますが、推薦・支持すべき対象ではないということです。
 現宮越馨市長については、わが党はこれまで上越市議会において厳しく対決してきました。Jプランなどに示された開発最優先の市政を支持するわけには行きません。
 元自民党県議の木浦正幸氏については、自民党の推薦を受けている上に、わが党が県政の場で対決している平山県知事の支援を受け、自民党県政そのものである「県との太いパイプ」を掲げております。
 塚田徹氏は、元自民党の代議士であり、自民党政治の枠組みから抜け出た形跡は見られません。

以上

目次へ


政府交渉をします
要望は市委員会へ

 日本共産党新潟県委員会では、恒例の政府交渉を11月12日〜13日に行います。そのための要望項目を10月25日までに取りまとめます。
 各町内には国・県・市などへの要望があると思います。お気づきの点がありましたら、気軽に日本共産党上越市委員会に声をかけてください。

目次へ


9月議会に提案・審議された全議案と各派の態度

議案 件  名



委 員 会 本 会 議 日本共産党 公 明 党 新   風 自由クラブ 政友クラブ グリーンネット 市政クラブ 備  考
議案
第82号
平成12年度上越市一般会計歳入歳出決算認定について 全委員会 ×  
議案
第83号
平成12年度上越市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について 厚生 × 県内で一番高い国保税を引き下げる手立てを何も取っていない。
議案
第84号
平成12年度上越市診療所特別会計歳入歳出決算認定について 厚生 谷浜診療所の会計。存続をどうするかが問われている。
議案
第85号
平成12年度上越市索道事業特別会計歳入歳出決算認定について 文教経済 金谷山のボブスレー決算。
謹案
第86号
平成12年度上越市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について 建設企業 × 多額の市債を抱え、利用料の値上げを行った。
議案
第87号
平成12年度上越市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について 厚生 × 老人保険制度の創設に反対したため、反対。
議案
第88号
平成12年度上越市直江津駅南地区土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について 建設企業 整備終了に伴ない、整理した。
議案
第89号
平成12年度上越市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について 文教経済 × 利用料の値上げなど利用者負担が大きい。
議案
第90号
平成12年度上越市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について 厚生 介護保険導入初年度の決算。
議案
第91号
平成12年度上越市地球環境特別会計歳入歳出決算認定について 厚生 中ノ俣環境学校などの運営、風力発電など。
議案
第92号
平成12年度上越市病院事業会計決算認定について 厚生 上越地域医療センター病院の会計。
議案
第93号
平成12年度上越市ガス事業会計決算認定について 建設企業 × 消費税を上乗せしているので反対。
議案
第94号
平成12年度上越市水道事業会計決算認定について 建設企業 × 消費税を上乗せしているので反対。
議案
第95号
平成13年度上越市一般会計補正予算(第3号) 全委員会 × 合併協議会、アーバンビレッジのコンビに用地など。
議案
第96号
平成13年度上越市国民健康保険特別会計補正予算(第1号) 厚生 前年度の拠出金、交付金の清算。
議案
第97号
平成13年度上越市下水道事業特別会計補正予算(第1号) 建設企業 事業進捗にあわせて市債を減額。
議案
第98号
平成13年度上越市介護保険特別会計補正予算(第1号) 厚生 前年度国庫支出金の清算。
議案
第99号
平成13年度上越市地球環境特別会計補正予算(第1号) 厚生 補助金採択により、一般会計繰入金を減額。
議案
第100号
平成13年度上越市病院事業会計補正予算(第2号) 厚生 療養型病床群建設費を減額。
議案
第101号
上越市印鑑条例及び上越市個人情報保護条例の一部改正について 厚生 地域IT化事業に伴ない、ICカードで印鑑登録証などを請求できるようにする改正。
議案
第102号
上越市市税条例の一部改正について 総務 長期所有上場株式等の譲渡所得から100万円を控除するという国の法改正に伴なう改正。
議案
第103号
上越市農業委員会の選挙による委員の選挙区の設定に関する条例の一部改正について 文教経済 アーバンビレッジが「田園」町内会として独立したことに伴なう改正。
議案
第104号
上越市営住宅条例の一部改正について 建設企業 子安住宅を建て替えるための措置。
議案
第105号
上越市下水道条例の一部改正について 建設企業 下水道排水中の窒素含有物を規制する。
議案
第106号
上越市ガス供給条例の一部改正について 建設企業 ガス契約に融雪契約等を追加。
議案
第107号
市村の境界変更について 文教経済 保倉地区と三和村にまたがって整備していた圃場整備が完了したことに伴なって境界を変更するもの。
議案
第108号
字の変更について 文教経済 上記の境界変更に伴ない、字を変更するもの。
議案
第109号
市道路線の廃止について 建設企業 起点終点の変更に伴ない再認定するために一旦廃止。
議案
第110号
市道路線の認定について 建設企業 団地内道路などを中心に31路線を認定。
議案
第111号
上越市介護保険条例の一部改正について 厚生 樋口良子議員の質問に答え、減免制度を創設。
議案
第112号
男女共同参画都市宣言について 総務  
報告
第8号
専決処分した事件の承認について(上越市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について) 厚生 リハビリテーション科を創設するための条例改正。
報告
第9号
専決処分した事件の承認について(平成13年度上越市一般会計補正予算(専第2号)) 総務
厚生
文経
電動自転車の補助を新整数にあわせて増額。
報告
第10号
専決処分した事件の承認について(平成13年度上越市下水道事業特別会計補正予算(専第1号)) 建設企業 市債の繰上償還を行ったもの。
諮問
第1号
人権擁護委員候補者の推進について   中澤洋子
諮問
第2号
人権擁護委員候補者の推進について   高橋幸知
請願
第7号
地方交付税の削減に反対する意見書の提出を求める請願 総務 否決 否決 × × × × × × 自治体問題研究所提出。紹介議員は樋口・杉本。
請願
第8号
公明正大な選挙を行うことを求める意見書 総務 否決 否決 × × × × × 自治体問題研究所提出。紹介議員は樋口・杉本。
発議案
第9号
私学助成の大幅増額と拡充を求める意見書の提出について   陳情分。私立高校二校より。
発議案
第10号
WTO農業交渉における貿易ルール等の確立を求める意見書の提出について   紹介議員はグリーンネット。
発議案
第11号
新潟労災病院の存続を求める意見書の提出について   陳情分。
◎=可決・承認 □=継続 ○=賛成 ×=反対 △=一部議員賛成

目次へ

 上越民報目次へ   190〜199の目次へ