上越民報

1998年8月23日 bP11



目次

上越市議会九月議会 9月9日から始まります

上越市生ゴミ処理機などに補助
子育てのための借入金に利子補給しています
暑さなんかに負けられない


上越市議会九月議会
9月9日から始まります


 詳細な日程は、近々開かれる議会運営委員会で協議します。
 議会への請願・陳情などは、8月28日までに、届けて下さい。

目次に戻る



上越市
生ゴミ処理機などに補助

 上越市は、環境保全対策のいっかんとして、@住宅用太陽光発電システム、A低公害車、B電動生ゴミ処理機を導入する市民に対し、一定の補助をします。補助内容は、次の通りです。
 補助の申請は、上越市環境部へ。

●住宅用太陽光発電システム
対象: 太陽光エネルギーを利用した個人住宅用太陽光発電システムを設置する者
内容: 1Kw当り十七万円。
但し、六八万円が限度。

●低公害車
対象: 低公害車を購入する個人
内容: ガソリン車との購入差額の1/2。
但し、三十万円が限度。

●電動生ゴミ処理機
対象: 一般家庭用電動生ゴミ処理機を購入する者
内容: 購入価格の1/2。
但し、三万円が限度。

目次に戻る



子育てのための借入金に
利子補給しています

 上越市は、市内に住む未就学児の保護者に対し、子育てのための借入金(下表の貸付金)に対し、利子補給しています。
 但し、市税を完納している人だけが対象です。市税を滞納するほどの困窮者には、支援しません。
 利子補給されますと、借入者は、事実上無利子となります。

資金名 融資
限度額
据置
期間
利率 返済方法 償還期間 保証人
産休育休
支援資金
産休資金 40万円 6ヵ月 2.7% 割賦又は
一時払い
5年以内 連帯
保証人
2名
育休資金 120万円 12ヵ月 2.7% 8年以内
産休育休資金 160万円 12ヵ月 2.7% 8年以内
医療資金 50万円 6ヵ月 2.7% 同上 5年以内 同上
住宅資金 200万円 12ヵ月 2.7% 同上 10年以内 同上

目次に戻る



暑さなんかに負けられない
=一九九八年原水爆禁止世界大会に参加して=

 北城町4丁目  吉田 勉 

 八月四日から六日まで、広島での大会に参加しました。多勢の皆様にカンパをいただき心からお礼申し上げます。大会期間中、連日の快晴で本当に暑い暑い大会でした。
 今年の大会は、遠く海を越えて約二〇ヶ国、四十団体の外国代表と、日本の「核兵器廃絶国民平和大行進」を通しての全国津々浦々からの代表からなる約八〇〇〇人の熱気の中で、県立広島体育館に於いて、開会総会が盛大に行われました。
 この大会は、日本原水協が一貫して求めてきた核兵器廃絶の速やかな実現(核兵器のない二十一世紀へ)を迫るという、いまや世界の反核平和運動の主流をなす大会となっており、日本でも新たな発展をとげている。このことを強く感じさせられた大会でした。
 私は第二日の分散会では原爆史跡めぐりに参加し、原爆の本当の恐ろしさを自分の目で見、膚で感じました。それらの中から二つ三つ書いてみます。

●アメリカ政府は、一発の原爆で一つの都市を消滅させることを考えた。
 地方の中心都市(広島、長崎、新潟、小倉)を目標にした。そのためこれらの都市は事前の空襲などをせずに温存したのです。新潟も入っていたかと思うとゾッとします。

●平和公園の峠三吉詩碑にふれて、本当の心が分かったような気がする。
 広島市内の小学校三年以上の児童は、強制疎開で家族と別れていきました。そして原爆投下により、父も母も、それこそ自分に関係のある一切のものを一瞬のうちに失ってしまった子供たちも沢山いたのです。

ちちをかえせ
ははをかえせ
としよりをかえせ
こどもをかえせ
わたしをかえせ
わたしにつながる
にんげんをかえせ
にんげんの
にんげんのよのあるかぎり
くずれぬへいわを
へいわをかえせ

          峠 三吉

●広島市主催「平和祈念式典」での小渕首相の通りいっぺんの話を聞いて、怒り心頭に徹す。
 原爆ドームを正面に見据えながら首相の言を聞いて一句

 炎天に 総理のことば そらぞらし

 あげれば切りがないほど沢山のことを学ばされた三日間でした。
 最後の閉会総会も八〇〇〇人以上の人で会場は感動の坩堝と化しました。ニュージーランド代表の「核は決して戦争抑止の武器ではない。核はまさに侵略と支配のためのものに他ならない。」というひと言が心からはなれない。
 世界の大多数国々が賛成している国連の「核兵器廃絶条約決議」に反対を繰り返す核保有国、また反対せずに棄権している日本政府を世論で包囲し核のない二十一世紀実現のためこれからもみなさんとともにがんばる決意です。
 最後に、一生けん命、細かいところまでお世話いただいた、原水協・平和委員会や他の多勢のみなさん、ありがとうございました。

目次に戻る