上越民報


1998年8月9日 bP10




目次

最高税率引下げの金持ち減税ではなく消費税減税が必要です
日本共産党創立七六周年
核兵器廃絶を求めて
寺島泰治さん死去


最高税率引下げの          
金持ち減税ではなく
消費税減税が必要です

 小渕内閣が発足し、宮沢蔵相のもとで、「7兆円の減税」が声高に宣伝されています。中身が問題です。

所得税・住民税の最高税率引下げ
 減税の目玉が、所得税・住民税の「最高税率引下げ」です。
 これは、年収3500万円以上の高額所得者の税金を負けてやろうというものです。対象は約6万人で、約1兆円です。

課税最低限の引下げ見送ったが
 当初セットで考えられていたのが、課税最低限の引下げです。
 これは、現在所得税などを課税されていない低所得者からも、取りたてようというものです。
 「庶民から取りたてて、大金持にくれてやるのか」との批判に、当面見送りました。

大企業の法人税も引き下げる
 法人税などの企業課税の「実行税率」を46%から40%程度に引き下げるというものです。それで3兆円といっています。
 対象は、実行税率が現在40%以上の企業だけで、大部分の中小企業は対象外です。

ソニー、三菱自動車、法人税・住民税ゼロ
 日本を代表する企業であるソニーは、95年度285億円の利益をあげていながら、法人税も住民税もゼロ。それどころか税務署から5億6千万円の払い戻しを受けていました。
 自動車大手の三菱自動車も95年度554億円もの利益を計上したのに、法人税も住民税もゼロです。
 このように今でさえ、大企業優遇の税制なのです。

自民党には庶民減税の考えなし
 最高税率引下げにしても、法人税減税にしても、一部の高額所得者や大企業だけが対象で、庶民のふところを直接暖めるという考えは、政府・自民党にはありません。
 先の参議院選挙での民意がどこにあったのか、まったくわかっていないようです。

今必要なのは消費税の減税
 景気対策の上でも、減税のあり方の上でも、今必要なのは、消費税の減税です。それが世論であり、参議院選挙の結論でもあります。

目次に戻る



日本共産党創立七六周年

 日本共産党は、1922年7月15日に創立され、今年で76周年になります。記念の講演会が東京で開かれ、新潟市でも記念祝賀会が行われました。

記念講演会では志位書記局長と不破委員長が講演
 東京の記念講演会は、29日に開かれ、志位書記局長が、「参議院選挙の結果と今後の政局の展望」について、また、不破委員長が、「日中両党関係の正常化と首脳会談について」講演しました。

新潟市では記念祝賀会が
 27日、党内外から220名が参加して、新潟市で記念祝賀会が開かれ、杉本敏宏議員も出席しました。祝賀会には三人の町村長(含代理)も出席し、29の市町村長からメッセージが寄せられました。
 あいさつに立った小日向昭一県委員長は、70年前の「三・一五」事件の直前に新潟県にも党組織ができたことなど、党の歴史を語った後、党創立76周年を参議院選挙の大躍進で迎えることができたことを報告。今度の躍進が、次期総選挙の北陸信越比例区で、2人の当選の可能性が出てきたことことから、新潟県からも国会議員が誕生する展望を語り、いっそうの前進に全力をあげることを表明しました。
 祝賀会には、初当選の池田幹幸参議院議員も参加。いがらし完二氏、関口壮六前三和村長とともにあいさつしました。
 各種団体代表などとともに、歓談が続きました。

目次に戻る



核兵器廃絶を求めて

 1945年8月に、ヒロシマ・ナガサキに原爆が投下されて、53年目の夏がやってきました。
 原水爆禁止世界大会が八月二日から九日までの日程で開かれています。日本共産党上越市委員会を代表して吉田勉氏が、世界大会に参加しています。
 今年の大会は、インド・パキスタンが核実験を行い、新たな核軍拡、核戦争の危機の広がりの中で開かれています。両国の核実験が、アメリカをはじめとする五ヶ国の核独占体制の矛盾をいっきに吹き出させました。
 「核兵器独占の体制から、今こそ核兵器廃絶へ。ヒロシマ・ナガサキの被爆、核実験被害の実相を世界にーー核兵器のない21世紀のために行動と連帯を」。これが今年のメインテーマです。
 全国から歩き続けてきた平和行進も続々集結しています。地域から、職場から、「核兵器廃絶」の声を大きくあげていきましょう。国民世論、国際世論が、大きな力となります。
 四日から六日まで世界大会・広島、八日九日が世界大会・長崎です。
 原爆投下時間に黙祷を。

目次に戻る



寺島泰治さん死去

 日本共産党中央委員会顧問の寺島泰治さんが七月三一日、老衰のため死去しました。九一歳でした。
 寺島さんは、水上村(現新井市)の出身。1933年に日本共産党に入党。戦後、新潟県党の中心として活動。旧衆院四区候補としても活躍しました。

目次に戻る