日本共産党上越市議会議員杉本敏宏
市政レポート

2004年5月16日 bT8

目次
☆国民年金払ってますよ  議員年金の掛け金と両方払うのはたいへんですが
☆市議選ではたいへんお世話になりました。
☆日本共産党大演説会



国民年金払ってますよ

議員年金の掛け金と両方払うのはたいへんですが

 国民年金保険料を納めていない国会議員のことが問題になっています。「市会議員はどうなの?」という声がありました。
 地方議員にも年金制度がありますが、県議会議員、市議会議員、町村議会議員がそれぞれ別の共済組合に加入しています。

議員年金の掛け金

日本共産党大演説会
6月6日(日)
新潟市体育館
   お話する人
前参院議員笠井あきら
くわはら加代子
前衆院議員木島日出夫

 議員年金の掛け金は、議員報酬月額(44万6千円)の13%ですから、私の場合、毎月58、500円差し引かれ、さらにボーナスの5%が引かれます。その上に国民年金保険料を毎月13、300円(妻の分も合わせると26、600円)払いますから、年金保険料だけで85、100円にもなります。
 さらに私の場合は、国保税を67、000円払わなければなりませんから、合わせて15万円以上の負担になります。

議員年金はいくらもらえるか

 これだけの掛け金をかけて、それではいくらの議員年金がもらえるかというと、議員報酬の1/3(50/150)ですから、月15万円弱ということになります。議員在職期間が12年を超えると超えた年数に1/150を掛けたものが上乗せになります。
 私は会社に勤めていた時には、厚生年金に加入していました。1995年12月に退職しましたが、直ちに国民年金に加入しました。96年4月に議員になってからは、議員共済と国民年金の両方に加入しています。

国民年金は払う必要がないのではないかと交渉したことがあります

 議員になってしばらくしてからのことでした。「議員年金制度のしおり」の中に、「国民年金を受給すると議員年金からその分が差し引かれる」という趣旨のことが書かれているのを見つけました。要は議員年金分だけしかもらえず、「国民年金は保険料を払うだけ」ですから「加入する必要がないのではないか」と考えたからです。
 市の保険年金課に行って、「どうしても加入しなければならないのか」と話し合いをしました。市の方も国へ問い合わせをしたりしてくれました。
 結論は、「法律で加入が義務付けられている」ということでした。それで、もらえないことが解かっていても払いつづけているわけです。
 国民年金に未加入だったり、保険料を払っていなかった国会議員が何人もいます。年金制度を議論する資格はありません。

目次へ

 市議選ではたいへんお世話になりました。

  今回 前回 増減
杉本敏宏 1938票 1664票 +274票
樋口良子 2121票 2174票 − 53票

 公約実現のためにがんばります。
 7月には参院選があります。比例区では笠井あきら、選挙区ではくわはら加代子がお世話になります。市議選に引き続いての選挙戦ですが、ご支援、ご協力をお願いします。

目次へ


登山記録トップ 年代順目次へ 山域別目次へ 写真のページ
市政レポート 議員団ニュース 市議会報告 上越民報