日本共産党上越市議会議員杉本敏宏
市政レポート

2003年8月31日 bS8

目次
☆9月議会がはじまります 9月2日〜30日
☆立山縦走の記
☆言葉狩り クイズの回答です



9月議会がはじまります
9月2日〜30日

平成14年度決算収支(千円)
  歳入 歳出 差引
一般会計 53,761,779 52,524,026 1,237,753
国民健康保険 8,380,463 8,083,395 297,068
診療所 3,863 3,863 0
索道事業 31,740 31,740 0
下水道事業 10,126,746 10,055,335 71,411
老人保健 12,292,421 12,195,998 96,422
農業集落排水事業 2,228,113 2,188,370 39,743
介護保険 5,627,458 5,457,283 170,175
地球環境 193,044 191,973 1,071
病院事業(収益的収支) 1,544,356 1,551,488 △ 7,132
病院事業(資本的収支) 1,914,465 1,947,878 △ 33,413
合計 96,104,453 94,231,354 1,873,099

 9月議会の主要な議案は、平成14年度の各会計の決算審査です。

「黒字」だが?

 収支の総括表を下に掲載しました。病院会計以外は、一応「黒字」ですが、みんな借金を収入に入れての話です。一般家庭の家計なら借金は収入に入れて考えませんが、これが行政の財政との最大の違いでしょうか。

小泉不況の影響深刻

 市民税が大きく落ち込んでいます。あらかじめ低く見積もった「当初予算を1億2200万円余り下回る181億3464万円の決算となり、前年度に比べて7億8369万円、4・1%の減となりました。」
 まさに小泉不況が直撃しているという状況です。

滞納も急増しています

 一般会計の滞納(収入未済額)が12億8000万円という巨額になっています。不納欠損処理、いわゆる取りっぱぐれも1億円を超えています。
 国保税でも同様で、滞納が8億4000万円、取りっぱぐれが6359万円にもなり、収納率78・1%は20市中19位です。
 取り立てを厳しくしても問題は解決しません。庶民の懐を暖める経済政策が唯一の処方箋です。

目次へ

立山縦走の記

 8月15〜18日に夏休みを取って、立山から剱岳に登る計画で出かけた。

 15日は暗くなってから家を出て、立山駅近くの無料駐車場に車を入れ、車中で就寝。霧が深く、先行きが心配された。

 16日。昨夜空いていた駐車場も朝には満杯。朝から青空が広がり、快適な登山が約束されたようだった。10分おきに出るケーブルの3便に乗り、美女平からバスに揺られ、室堂へ。
 「今日は剱御前小舎まで」と初めから決めていたので、好天の中、室堂から立山を縦走して、剱御前小舎へ向かうことにした。
 室堂の人影はまばら。整備がされすぎた感じがする。ヨツバシオガマの群落が歩道脇を紅く染めている。
 一の越まではまだ所々に残雪がある。雪消えが例年よりも遅いのだろうか。一の越から見ると後立の峰々には雲がかかっていて、それが黒部の谷へ垂れ下がっている。あれが押し寄せてくると天気は崩れるだろう。それにしても雲の動きが逆じゃないか?
 雄山。眼下に濃緑色の黒四ダムが見える。ここからはぐんと人が少なくなる。大汝(だいなんじ)には、非難小屋がある。素通りする。トウヤクリンドウがそこここに群落をつくり、濃紫色のイワギキョウが今を盛りとしている。
 富士の折立からは急な下りになる。イワツメクサが塊になって咲いている。鞍部から、真砂岳へは緩い稜線歩きになる。前方の剱岳が時折沸きあがってくる雲にかき消されてしまう。手前の源次郎尾根と奥の八つ峰がこの山を特徴付けている。「もうあの岩を攀じることもないだろうな」などと妙に感慨深くなる。
 別山に登れば今日の行程は終わりだ。
 剱御前小舎には、早く着きすぎたので、ゆっくりと昼寝を楽しむ。明日剱岳に登る予定だが、雲行きが怪しくなり、夜半から雨。二日ほど降り続くという天気予報に、剱岳は断念して帰ることにする。
 天候の変化が、天気予報よりも半日から一日位早く動いているようだ。

目次へ

言葉狩り
クイズの回答です

 まず回答から。正解は、「こんなばかな話はないです。」の「ばかな」と「余りにもばかにし過ぎる」の「ばかな」が「不適切発言だ」という指摘です。
 正解者は、一人だけでした。「欠陥」をあげた方もありましたが、残念でした。

 ところでこの「ばかな」が何故「不適切」なのでしょうか。該当部分をもう一度見ましょう。

 第11条、会議に諮る事項をあらかじめ協議、調整する幹事会というのが置かれますが、このメンバーは助役や収入役というふうになっております。しかし皆さん、助役、収入役はこの会議の委員ではないんです。この会議の委員ではない助役や収入役が会議に諮る事項をあらかじめ協議、調整する、こんなばかな話はないです。これは役員会がやる仕事です。何でこんな規約になるのか、私はこの規約を読んでいて、もう何だこれはという怒りといいますか、余りにもばかにし過ぎるというふうに思いました。役員会をつくらなかったことによる問題がこういうふうにいろんなところへ出てくる。

 発言の全体からすれば、なにも「不適切」ではないでしょう。「ばかな」という単語を切り出して、そこだけを問題にしているとしか考えられません。まさに言葉狩りです。

 実は石平春彦議員には、こうした言葉狩りの前歴があります。私が入札制度の改善の一般質問をした際、「予定価格を公表すれば、それよりも高い札を入れるようなバカな企業はありません」という私の発言に、「バカな企業」というのは「不適切な発言だ」とクレームをつけてきたことがあります。発言の前後の文脈をいっさい無視し、その単語だけを抽出して「不適切だ」とクレームをつける。ここに石平議員の特殊な態度があります。このような「文脈を無視して単語だけを抽出する」という人たちは以前もいました。革マル派とか中核派とかブンド派とかのトロツキスト、新左翼(み〜-んな死語ですが)の得意とするところでしたし、部落解放同盟もこうしたやり方で「糾弾」をして来るのです。これらの輩は、本当に不適切な発言や、差別的発言を実は見逃してやったりしているのです。

 同議員が執拗に教育長に難癖をつけている「個性」問題も、実はこのたぐいです。

目次へ

9月議会の日程
8月25日(月) 議会運営委員会  
9月2日(火) 本会議 提案
3日(水) 本会議 総括質疑
4日(木) 厚生常任委員会  
5日(金) 厚生常任委員会  
6日(土)    
7日(日)    
8日(月) 厚生常任委員会  
9日(火) 建設企業委員会  
10日(水) 建設企業委員会  
11日(木) 建設企業委員会  
12日(金) 文教経済委員会  
13日(土)    
14日(日)    
15日(月)    
16日(火) 文教経済委員会  
17日(水) 文教経済委員会  
18日(木) 総務常任委員会  
19日(金) 総務常任委員会  
20日(土)    
21日(日)    
22日(月) 総務常任委員会  
23日(火)    
24日(水) 一般質問  
25日(木) 一般質問  
26日(金) 一般質問  
27日(土)    
28日(日)    
29日(月)    
30日(火) 本会議 討論等

目次へ


登山記録トップ 年代順目次へ 山域別目次へ 写真のページ
市政レポート 議員団ニュース 市議会報告 上越民報