議会だより

2000年5月14日 bP


目次

ごあいさつ
臨時議会などの日程
自衛隊が山麓線で武装して訓練
杉本敏宏の行動記録

ごあいさつ

杉本敏宏の写真  これまで『上越民報』として市議会での様々な問題をお知らせしてきました。
 今後、『上越民報』は、毎議会終了後に「議会報告」を主な内容として発行することになりました。これまでの内容は、「杉本敏宏議会だより」としてお知らせすることとします。
 今後とも、ご支援ご鞭撻、よろしくお願い致します。

目次へ

臨時議会の日程
 正副議長や常任委員会の所属などを決める臨時議会が開かれます。

5月15日 13:30より
市議会本会議場にて


6月定例議会の日程
6月1日 10:00より
市議会本会議場にて

 詳細は、おってお知らせ致します。
 ぜひ傍聴においで下さい。

目次へ

自衛隊が山麓線で武装して訓練

市民から通報が
 市議選投票日の翌日(四月二四日)午前、市民の方から、「山麓線で、銃で武装し迷彩した自衛隊が、訓練している。」という通報が、日本共産党上越地区委員会事務所にありました。

ただちに調査
 あべ正義六区予定候補が、ただちに調査をしました。しかし、高田駐屯地では、「やっていません。」との返事。上越市も「わかりません。」
 五十嵐県議を通じて、県警から、「松本の部隊で、道路使用許可が出ている。」との連絡がありました。この時には、もう夕方でした。

抗議
 二六日、あべ予定候補とひぐち良子市議、杉本の三人で、高田駐屯地に抗議に行きました。応対した広報担当は、「基本的に、日本全国どこでも訓練する。そこの自治体はもちろんのこと、自衛隊にも連絡はしない。」と、平然と言い放ちました。
 国民の安全や不安などどこ吹く風という態度です。厳重な抗議に、「上部組織に伝える。」と表明しました。
 その足で、上越市の総務課に回り、「市民の安全を守るという自治体の責務からして、自衛隊に申し入れよ。」と要請しました。
 その後、五月に入って、党県委員会などに自衛隊の幹部が謝罪にきました。これは、初めてのことです。

監視が必要
 昨年、戦争法である新ガイドライン法が成立してから、「戦時対応」の訓練が増えているといわれています。今回の訓練もその一環でしょう。「自治体に連絡しない」というのは、秘密裏に部隊を移動するというまさに戦争そのものです。
 いっそうの監視が必要です。

目次へ

杉本敏宏の行動記録

四月
 二三日 市議選投票日。
 二四日 当選証書授与式
 二六日 自衛隊に抗議、上越市に要請。
五月
  一日 第七一回メーデー
  三日 リコール問題で記者会見
  五日 直江津空襲を考える集い
  六日 火打山登山

目次へ