上越市議会
議     長 市川文一様
議会運営委員長 早津輝雄様

意見書等の取扱についての申し入れ

2005年4月26日
日本共産党上越市議員団
団長  杉本敏宏

 4月21日の定例議員懇談会で、当議会3月議会において当議員団の議員が紹介議員となって提出した請願と同趣旨の「自然災害被災者に対する住宅再建支援制度の確立について」が県市議会議長会で採択され、北信越市議会議長会の要望として全国議長会に提案されることとなったと報告されました。
 当議員団長の杉本敏宏議員が指摘しましたように、3月議会では請願を不採択としており、県市議会議長会において賛同するということは当議会の「総意」に反することであります。しかし様々な状況のもとで「賛同」せざるを得ないこともありうることです。こうした事態は、今後とも起きる可能性がありますので、そうした場合の処置方を以下のように提案するものであります。ご検討いただきますよう、申し入れるものです。

−記−

1.当議会で不採択とした請願、陳情、意見書等と同趣旨あるいは趣旨の一部を含む意見書等が、新潟県市議会議長会、北信越市議会議長会、全国市議会議長会等で採択された時は、その後の直近の議会に、議長提案として提案すること。