トップ 議会活動 政務調査費 議員一般質問 申し入れ 意見書等 議会の構成 会派の構成
活動日誌 市町村合併 地域自治組織 並行在来線 発掘遺跡保存 情報コーナー 活性化委員会 実績
 
杉本敏宏の主張と活動 > 上越市議会での活動 > 杉本敏宏の議会活動 > 2007年3月定例議会での活動 > 一般質問通告

2007年3月定例議会
一般質問通告
2007年2月23日 通告

1.議案第4号 平成19年度上越市一般会計予算について
(1)中期財政計画との整合性をどう図ったか。
@地方譲与税、国庫支出金、地方交付税の落ち込みが大きいが、その原因と対策は。
A教育費の構成比が10%を割り込んだが、教育重視の考えはないか。
(2)並行在来線の維持存続に向け、どんな対策を考えているのか。
(3)乳幼児医療費助成を、もっと拡充をするべきではないか。
(4)汚泥発酵肥料は安全性は確認されているか。
(5)家庭ごみ有料化が市民生活に及ぼす影響を調査し、把握しているか。
(6)「産業振興センター」は、どんな構想か。
(7)小木・直江津航路に関する負担金6千万円は、「身の丈」を超えた負担ではないか。
(8)学校給食調理の民間委託は拙速ではないか。
2.議案第33号 上越市副市長定数条例の制定について
(1)助役と副市長の違いをどう認識しているか。
(2)副市長2人の役割分担・権限はどうするのか。