トップ 議会活動 政務調査費 議員一般質問 申し入れ 意見書等 議会の構成 会派の構成
活動日誌 市町村合併 地域自治組織 並行在来線 発掘遺跡保存 情報コーナー 活性化委員会 実績
 
杉本敏宏の主張と活動 > 上越市議会での活動 > 杉本敏宏の議会活動 > 2006年12月定例議会での活動 > 一般質問通告

2006年12月定例議会
一般質問通告
2006年12月4日提出

1.団塊の世代対策について
@ バリアーフリー、ユニバーサルデザインなどを一気に進めるチャンスではないか。
A 退職した高齢者の持っている力を、行政運営はもとより、まちづくり全体におおいに生かしていくべきと思うが、どんな対策を考えているか。
B ふるさとを離れている団塊の世代の中には、ふるさとのためにも活躍したい、役に立ちたいと思っている人がいると思うが、どんなアプローチを考えているか。
 
2.指定管理者の会計について
@ 指定管理に関わる会計と本業の会計は、明確に区分して経理されている必要があると思うが、実態をどう把握し、指導しているか。
A 指定管理者には、法人税、消費税などが課税されるが、対応した会計管理が行われているか把握しているか。
B 直営の場合には収支が予算・決算に反映される。指定管理者の場合も同様に事業計画に基づく収入支出を予算化して管理する必要があると思うが、市長の考えは。
C 内部監査担当者、監事が任命され、監査が行われているかどうか、掌握しているか。
D 職員は直接雇用になっているか、偽装雇用、請負がないか、社会保険に加入しているかなど調査しているか。