トップ 議会活動 政務調査費 議員一般質問 申し入れ 意見書等 議会の構成 会派の構成
活動日誌 市町村合併 地域自治組織 並行在来線 発掘遺跡保存 情報コーナー 活性化委員会 実績
杉本敏宏の主張と活動 > 上越市議会での活動 > 杉本敏宏の議会活動 > 2006年9月定例議会での活動 > 一般質問通告

2006年9月定例議会
一般質問通告

2006年9月13日提出

1.施設の管理委託について
(1) これまでの経過を踏まえ、委託料を見直す検討をするべきではないか。
(2) 受託業者が主な管理業務を再委託している施設が見受けられるが、安全管理や雇用に問題はないか。
2.少子化対策を強化することについて
(1) 幼児医療費助成を、ただちに小学校入学前まで拡充し、さらに小学校卒業時まで拡充できないか。
(2) 小学生の給食費を無料にする考えはないか。
3.市のホームページの拡充について
(1) 日経BP社が毎年行っているe都市ランキングで、上越市は総合得点59.0で、736市区中306位であるが、どう思うか。
(2) 上越市のホームページは、情報量は比較的多いが、アクセシビリティはたいへん低い。実際、なかなか必要な情報にたどり着けない。JIS規格に基づいて庁内基準をつくる等、改善が必要ではないか。
(3) 総務省は、セキュリティ対策の根本的な考え方をまとめた「基本方針」と、具体的な運用管理基準を示した「実施手順」の策定を求めているが、どこまで進んでいるか。
(4) アクセシビリティ対策、セキュリティ対策を進める上で、ルールを作り、庁内横断的な統括部門が統括し、全職員を対象にした定期的な研修が必要といわれているが、上越市の現状はどうか。
(5) 電子申請サービス、特に、公共施設の予約と図書館の蔵書の貸し出し予約を実施できないか。
(6) 予算説明書や決算の概況などをホームページに掲載できないか。