トップ 議会活動 政務調査費 議員一般質問 申し入れ 意見書等 議会の構成 会派の構成
活動日誌 市町村合併 地域自治組織 並行在来線 発掘遺跡保存 情報コーナー 活性化委員会 実績
杉本敏宏の主張と活動 > 上越市議会での活動 > 杉本敏宏の議会活動 > 2006年6月定例議会での活動 > 一般質問通告

2006年6月定例議会
一般質問通告

2006年5月30日提出

1.成果主義賃金と行政サービスについて
@行政サービスは、職員が集団で取り組んでこそ実効があがるのではないか。
A職員個々の成果を求める成果主義賃金は、職員がチームで取り組む業務を阻害しないか。
2.大型店(バロー)の出店について
@土地区画整理事業の計画にあたって、どのような指導をしたか。
A上位計画との整合性が取れていないのではないか。
B事業計画にある事業目的とも合致していないのではないか。
C市のまちづくり計画に合わせるためにどんな取組をしてきたか。
Dまちづくり三法の改正が発効するまでの間、いわゆる「駆け込み開発・出店」に対してどのように対処しようとしているのか。
Eまちづくりの観点から、撤退時の対策を早急に確立し、出店業者に守らせるべきではないか。
3.民間委託による委託料について
@総合事務所などで、これまで職員が行つていた清掃業務を民間委託することによつて委託料が発生しているものがあるが、行政改革に逆行していないか。