トップ 議会活動 政務調査費 議員一般質問 申し入れ 意見書等 議会の構成 会派の構成
活動日誌 市町村合併 地域自治組織 並行在来線 発掘遺跡保存 情報コーナー 活性化委員会 実績
杉本敏宏の主張と活動 > 上越市議会での活動 > 杉本敏宏の議会活動 > 2006年6月定例議会での活動 > 一般質問議事録目次 > 本文

2006年6月議会

一般質問議事録

3.民間委託による委託料について
最初の質問
最初の答弁
再質問
再答弁

【杉本敏宏】
 三つ目の質問は、「民間委託による委託料について」の問題です。

 ある資料を見ていて気が付きました。これまで、合併前、各区の総合事務所など−−−総合事務所だけではありませんが−−−総合事務所などで、これまでは職員の方が掃除をしておられました。ですから費用が発生−−−見かけ上といえばそうですが−−−発生していませんでした。
 ところが合併したあとですね、どういうことが起きたかというと、この清掃作業を職員から取り上げて、民間委託をしたんです。三月の予算書にも乗っかっておりますけれども、ですから今まで費用が発生していなかったところに、何十万とか何百万とかという費用が今度は計上されています。
 私はこれは、合併の−−−私は、合併には反対しましたけれど−−−合併の時には「そういうことはないんだ」「合理化が進むんだ」というようなことがいろいろいわれました。だけど現実は、例えばこんな問題、ちょっと違うんではないのかな。というふうに私は思うんですが、行政改革に逆行しているようにも見えます。この点で市長のお考えをお聞きしたいと思います。
 以上、三つです。

ページトップへ

【木浦市長】
 次に、民間委託による委託料についてのお尋ねにお答えいたします。

 行政改革の最大のねらいは、最適な公共サービスを最少の経費で提供し、最大の効果を上げることにあり、民間委託はその一手法であります。
 ご質問にありました総合事務所などの庁舎の清掃業務の状況についてでありますが、合併の前後で見ますと、旧牧村がそれまで専ら用務員で行っていた庁舎及び牧診療所の清掃業務を合併と同時に民間に委託しております。また、昨年4月からは、安塚区、吉川区及び清里区で用務員や臨時職員が行っていた庁舎の清掃業務を民間委託しております。
 したがいまして、現在、本庁をはじめ13区の総合事務所では、庁舎の清掃業務をすべて民間事業者に委託している状況であります。
 このような民間委託による効果を経費で比較いたしますと、今ほど申し上げました5件の平成18年度における庁舎等清掃委託料の合計額は、概ね900万円余りとなっております。
 一方、これまでのおおよそのコストは、用務員4人及び臨時職員3人の人件費1千800万円のほか受水槽等の清掃委託料100万円であり、その経費比較において、おおよそ1千万円の縮減効果が表れております。
 しかし、この場合においても、職員は現在も在職していることから、経費の削減には当たらないのではないかとの見方もあろうかとは思いますが、当該職員は学校用務員等の業務に就いており、そのことにより新たな職員採用が抑制できていることから、縮減効果は表れているものと考えております。
 いずれにいたしましても、職員がこれまで行ってきたものを、何ら疑問を持たずに漫然と続けるのではなく、費用対効果やサービス効果の上がる民間委託を限られた財源を有効に使う手段として、今後とも積極的に活用してまいりたいと考えております。

ページトップへ

【杉本敏宏】
 三番目の問題から質問します。

 新聞で報道されたというかですね。毎年同じ企業が清掃事業を受注しているんではないかという記事が何回か載りましたですね。その基になった資料がこれなんですが、契約課から出された資料です。私もこの資料をいただいて、中身を見て、新聞報道されているああいう継続して同じ企業が何年も受注するという、そういう問題もあるなあというふうには見たんですが、それを見ていく中で今のこの問題に気が付いた、訳なんです。
 市長は今答弁の中で、それをやっていた職員が他の仕事をし−−−だからいいじゃないかというようなことをちらっといわれましたけれど、さっき言われた一千何百万というものがですね、本当にそういう形で削減されているのかどうかですね、私はそうではないだろうと思ったもんですから、こういう質問をさせてもらったんです。
 で、もう一つはですね、「これが、この清掃事業だけか」という問題なんです。要するに合併をして、それまで各区なり−−−合併前の上越市でもいいです−−−職員なりがいろんな形でやっていた仕事が、これを機会に外注、委託とか、外に出ている仕事は他にないのか、そういうものがあったとするとですよ、これは「合併効果」として皆さんが期待していたこととは違ってくるんではないか、というふうに思うんですね。
 それでこの問題を取り上げてみたんですが、そういう点で、他にはこういう問題がないかということ、是非調べていただきたい。もしあるとすれば、それが今市長が答弁されたような理屈が成り立つかどうかですね、そこをきちっと検証しないと、ただ単に何でも−−−安易にやってはならんということを市長もいわれましたけれども−−−まさにその安易そのものになってしまうんじゃないか、このように思うんですが、この点でご見解を伺いたいと思います。

ページトップへ

【木浦市長】
 再度の、三点目の項目の質問にお答えしますが、まずは、合併した後の、議員が指摘された委託事業があるのかないのかということの調査については、しっかりと調査をさせていただきたいと思っておりますが、いずれにいたしましても、職員が今までやっていた仕事、民間と比較いたしますと人件費というのがどうしても嵩んでくるというのが、公務員の業務でないのかなあと思っているわけですが、そうした観点からその仕事が、必要の中でやっている業務と、それから善意で自分の身の回りを掃除しているといった清掃の業務と、若干清掃業務といっても見方が違ってくるのではないかと思っております。いずれにしましてもその他の点がないかどうか、これについてはしっかりと調査をさせていただいて、ご報告をさせていただきたいと思っております。以上であります。

ページトップへ

【杉本敏宏】
 ぜひ、調べてですね、議会の方に報告をしていただきたいと思います。