トップ 議会活動 政務調査費 議員一般質問 申し入れ 意見書等 議会の構成 会派の構成
活動日誌 市町村合併 地域自治組織 並行在来線 発掘遺跡保存 情報コーナー 活性化委員会 実績
杉本敏宏の主張と活動 > 上越市議会での活動 > 杉本敏宏の議会活動 > 2005年9月定例議会での活動 > 総括質疑原稿

2005年9月定例議会
総括質疑原稿


2005年9月1日

1.議案第158号 平成16年度上越市一般会計歳入歳出決算の認定について
(1)予算編成時にも、そして今決算においても、国の三位一体の改革について、「地方に大きな不安と懸念を残すもの」と評価している。国に対してどんなアクションを起こしたか。
(2)合併で財政指標がいずれも悪化した。住民サービスを向上させながらどう改善していくのか。不要不急の大型公共事業のいっそうの見直しが必要ではないか。
(3)平成16年3月議会で、平成16年度予算について「市町村合併の取組みは、50年先、lOO年先を見据えた上越地域の新たな基盤づくりに向けて」との説明があったがどうみているか。
2.議案第277号 平成17年度上越市一般会計補正予算について
(1)地域振興費のコミュニティブラザ整備事業について、新たに4区の設計業務委託料が計上Lされたが、地域住民や住民組織との協議結果はどういかされるのか。また住民組織との協議も大事だが、地域協議会での審議が重要と考えるが、残り8区のコミュニティプラザは、どのように整備していくのか。
3.議案第296号上越市水道事業給水条例のー部改正について 及び 議案第297号 上越市簡易水道事業給水条例のー部改正について
(1)「格差が小さい」区との料金が統一されたが、格差が大きい区との料金統一は、いつまでにどのようにして進めていくのか。