上越市議会
石平春彦議長様

列車ダイヤの充実と利便性の向上を求める請願書

2002年 2月27日
請願者 越後のふるさと線を守る会
会長 尾崎靖弘
紹介議員 杉本敏宏
樋口良子
 
 昨年12月、JR東日本のダイヤ改正で「特急みのり号」の運転区間と運転時刻が変更になり、県都、新潟方面への列車利用がさらに不便となってしまいました。
 特に午後からの仕事や商用の場合にふさわしい列車がなく、自家用車か高速バスを利用せざるを得ません。
 今回の改正は交通手段の選択肢をせばめるもので、高速交通時代にそぐわず、この様な状況が放置されば上越地方が県都、新潟市と益々疎遠になってしまう危険性をかかえています。
 JRは民営化されたとはいえ、公共交通機関としての役割は変わることはありません。地域の足として、利用者、社会のニーズにそったダイヤ設定、サービスの提供が求められています。
 よって下記事項
1.上越地域と県都新潟を結ぶ列車ダイヤの充実。
2.みのり回数券の復活。
3.首都圏を含む企画乗車券の創設。
4.乗客案内係の配置。
の内容についてJR東日本新潟支社に要請していただきますよう請願いたします。