2001年12月定例議会
一般質問通告


2001年12月17日

1.市債の返還について
 @国は行政改革で地方交付税を削減するといっているが、交付税に頼っている市債の返還をどのように進めていくのか。
 A前市長は、下水道債などの特別会計債は、利用料によって返済していくとしていたが、現行の利用料では返済は難しい。返済にどのような手立てを考えておられるか。
 
2.国民健康保険税について
 @政府の医療制度改革で、高齢者医療制度の対象年齢が75歳以上に引き上げられた場合、国保財政の医療給付費はどの位増加するか。この増加分にどう対処するつもりか。
 A県内20市中で一番高い国民健康保険税を引き下げるべきではないか。その場合、低所得者に配慮し応益割を引き下げるべきではないか。
 B生活上やむなく土地・建物を譲渡した場合の譲渡所得を国民健康保険税所得割の付加算定から除外できないか。