2001年11月臨時議会
総括質疑原稿


2001年11月20日

 日本共産党議員団を代表して総括質疑を行う。
 これまでの質問者は、副市長制を是とする立場から、「廃止」の問題点を質した。わが党は、副市長制の導入に反対した立場から質問する。

※事業部制のようなもの
 この間の経過から見て、副市長には権限が与えられていなかった。

※アメリカの大統領制
―――副市長とともに選挙をたたかう
―――大統領が替われば副大統領も替わる
―――一蓮托生

 今回の政変で最大の弊害が現れた。
 部長がいない。課長が部門の責任者になってしまうこと。

 副市長制は、宮越永久政権のもとでのみ成り立つ制度だったのではないか。

1.副市長制を「廃止する方向で検討したい」というが、
@ 副市長制には、どんな問題点があると考えているか。
A その問題点をどのように解決しようと考えているか。

2.「今年度中は一人の副市長(助役)により全部門を担当する」としているが、市民サービスの低下をまねくことはないか。