2001年3月定例議会
総括質疑通告


2001年3月7日

1.議案第1号平成13年度上越市一般会計予算について
(1)臨時財政対策債、いわゆる赤字地方債の発行は見合わせるべきではないのか。
(2)和田地区の吹上遣跡について、全容解明するとあるが、保存について触れていないのはなぜか。
(3)北陸新幹線のフル規格整備に伴う上越市の負担はどのくらいか。
(4)減反を前提として諸施策を考えておられるようだが、その理由は何か。
(5)盛り沢山の30周年記念事業は、職員の負担増にならないか。
2.議案第5号下水道事業特別会計、
  議案第55号下水道条例の一部改正及び
  議案第46号農業集落排水条例の一部改正について

(1)値上げを抑える方策はなかったのか。
(2)独立の会計である農業集落排水の料金を連動して値上げする必要はあるのか。
3.議案第21号上越市議会政務調査費の交付に関する条例の制定について
(1)交付の対象を議員と会派とした理由は何か。
(2)議員と会派の交付額は何を基準としたのか。
4.議案第22号謙信公アカデミー条例の制定、
  第23号上越学生寮奨学金貸付・研究支援費交付条例の制定及び
  第30号上越市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

(1)人材育成の基本理念を定めるのであれば、条例でなくともよいのではないか。
(2)奨学金貸付等の決定を従来の奨学金貸付審査委員会でなく、謙信公アカデミー評議会が行うのはなぜか。
(3)奨学生の資格を東京都及びその近郊に限定しているのは理由は何か。
(4)評議会評議員の報酬1回3万円とした根拠は何か。
5.議案第53号上越市営住宅条例の一部改正について
(1)県営住宅に連動して有料化するというのは、地方分権の理念に逆行するのではないか。
(2)車は持っていないが、駐車場は必要という人は対象にならないのか。
(3)有料化に伴い収入を何に使うのか。