2000年9月定例議会
総括質疑通告


2000年9月11日〜27日

1.議案第81号 平成11年度上越市一般会計歳入歳出決算の認定について
@ 市税収入が減少しているのに、予算規模を拡大したツケが、市債に現れていないか。
A 国庫支出金の実質減少、県支出金の減少は、国県との関係の現れではないか。
B 市税及び諸収入等で収入未済額が年々増加する傾向にあるが、どのように対処していくのか。特に、住宅新築資金等貸付金の収入未済額の収納対策は。
C 上信越道全通記念イベントの負担金に関連し、赤字補填の報道などもあったが、処理方法はどうなったのか。
D 信越本線の連続立体交差化のために、需要予測は行ったのか。
E 「自給自足できるまちづくり」というが、そのための流通機構の整備にどう取り組んだのか。

2.議案第93号 平成12年度上越市一般会計補正予算について
@ 議会にもクォータ制導入を検討されるようだが、その基本的な考えを聞きたい。
A 経営が危ぶまれている熊谷組とのPFI契約は、このままでだいじょうぶなのか。

3.議案第98号 上越市ファミリーヘルプ保育園条例の制定について
@市民プラザ、ファミリーヘルプ保育園など、建物無償提供、土地購入というやり方は見直すべきでないか。