2000年9月定例議会
一般質問通告


2000年9月11日〜27日

1.市町村合併について
(1) 「地方分権の受け皿としての市町村合併」といわれるが、地方分権を推進するためには市町村合併が必要と考えているのか。
@ どんなに小さな市町村でも十分な行政運営ができるように権限と財源を地方に委譲するのが、地方分権の真のあり方ではないか。
A 地方分権と市町村合併とは、本来別のものではないのか。
B 合併せずとも広域行政で対応できるのではないか。
C 住民参加という点からは、狭域の方が効率的ではないか。
(2) 地方自治は住民自治が基本であり、市町村合併にあたっては住民意思を尊重すべきではないか。
@ 市町村合併は、住民にとっては自分たちの住む自治体の形をどうするかということであるから、住民が自主的に判断できるように、市町村合併についてのメリット、デメリットを含めた様々な情報を住民に提供すべきではないか。
A その上で、住民の意思を集約するために、住民投票を実施すべきではないか。
(3) 上越市と三和、牧、清里の三村が合併にむけて話し合う「事務局レベルの勉強会」が1月以来開かれているが、どのような協議が行われているのか。
@ 協議された内容を公表すべきではないか。
A 年内に「一定の方向性を出す」ことができるのか。
(4) 市町村合併の推進のために、県のヒアリングが行われたと聞くが、上越市はどのように回答したのか。
@ 平成11年12月の全国町村長大会における緊急決議、本年7月の全国町村会の緊急要望について、どう思うか。