98年3月議会の反対討論で、樋口良子議員が、宮越馨市長の答弁拒否を批判した部分
赤色部分が、「議事録に掲載しない措置」をされた部分。

 開かれた市政、あるいは行政と議会は車の両輪と強調されながら、議会ルールに基づいて正式に提出された議員の―般質問に対して、答弁拒否された。これは、議員の最大の任務である行政の監督権、審議権の侵害であり、議会制民主主義の冒涜であります。どんな反論も通用しないもので、宮越市長のファッショ的性格が如実にあらわれたもので、我が党は厳しく批判するものであります。